四十肩・五十肩


このような症状の方へ

  • 服を着替える時痛む
  • 頭の後ろで髪を結ぶとき痛くて結べない
  • エプロンのひもが結べない
  • 肩より上のものが痛くて取れない
  • 夜中寝てると痛くて目が覚める

40代50代の方に多く見られる症状なので「四十肩」「五十肩」と呼ばれています。肩の関節の動きが悪くなり、筋肉の伸び縮みが悪くなってくることが原因です。英語ではフローズンショルダー(凍りついた肩)と呼ばれています。こちらの方がなんとなくイメージをつかんでいただけると思います。

 


整骨院えんの四十肩・五十肩の施術は

当院では肩の関節の可動域を広げ、筋肉がしっかり伸縮する状態に戻していく施術をします。肩を動かすと痛いので動かさないでいると、だんだん肩の動く範囲が狭くなって気が付くと思うように上がらなくなります。ただし、ご自身の判断で動かすとかえって悪化させることもありますので気を付けてください。

 

 


四十肩・五十肩の通院の目安

四十肩・五十肩は毎日の生活の中で症状がじわじわ進行していったものですので、一度治療したからすっかり良くなるといった症状ではありません。

 

ただし、施術とあなたにあった毎日の体操やストレッチなどを続けていただくことで短期間で大幅に改善することも可能です。あなたにあった体操やストレッチは改善具合を見ながら治療時に指導していきます。

 

 

四十肩・五十肩の症例

京都市右京区 50代 女性の場合

★症状★

病院で五十肩と言われしばらく通院するもよくならず、その後病院・接骨院を渡り歩かれ来院されました。利き腕の右の五十肩なので何をするにも痛みが出てしまうようでした。腕を上げると肩が痛く、痛いと鎮痛剤を服用。ほぼ毎日飲んでおられたようです。五十肩についてご自身でかなり調べられたようで夜間痛がある、フローズンショルダー、髪を結ぶ動作で痛むなど一般の方にしてはなかなかの知識でした。

 

★施術後★

当院の徒手検査でもやはり陽性反応はありましたが、施術後は腕が上がるようになりました。しかし自分の力で上げてもらうと思った通り「痛くてあげられない、あげると痛い」と言われました。これはよくあるケースなのですが実は頭(脳)で自分自身にブレーキをかけてしまっていたのです。病院で「五十肩」と言われ「五十肩=痛くてあげられない」更にご自身で調べた知識によって「痛みが全くゼロ=五十肩完治」という風に自分の中で法則を作り上げていたのです。それさえ外せば腕は上がるのです。

5回の施術で腕を上げるようになり、加えて脱薬もできました。

大阪府 50代 男性の場合

★症状★

病院に通院していたが改善の兆しがみられないので近所の接骨院で電気治療と湿布を続けておれられました。しかしながら腕を上げると痛みが増してきたようです。時間の経過で治ると言われたようですがツライので来院されました。

 

★施術後★

この方は運動による痛みが著明なため体を操作する施術を行いました。肋骨操作で改善が見られ、手関節や前腕部、鎖骨、肩甲骨を操作し再度運動確認したところ可動域の拡大がみられました。上着を着るときに痛みなく着用できたことにご本人は喜んでおられました。患者さんの状態によって異なりますがこの患者さんのように患部と違う部位からの施術で症状が改善することも多々あります。

京都新聞が運営するウェブサイト「マイベストプロ」でコラムを公開しています。